スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働きすぎは、よくないです

基本的に、働くのは好きなほうなんですけど、
やっぱり長時間働くと、いろんなところに支障をきたします。
風邪が悪化して肺炎起こしたり、低血糖になったり・・・
自分で仕事してると、自由な時間も作れるので
こういうことはなくなりましたが、
こういう過労死、なかなかなくならないですね・・・
 
東京都済生会中央病院(東京都港区)で昨年5月、宿直明けに意識不明になり、死亡した看護師高橋愛依さん=当時(24)=について、三田労働基準監督署(同区)が過労死として労災認定していたことが17日、分かった。認定は9日付。 代理人の川人博弁護士によると、高橋さんは2006年4月から同病院に勤務。昨年5月28日午前7時半ごろ、手術室の中でストレッチャーに突っ伏しているのを同僚が発見。同日夕、死亡した。持病はなく、死因は致死性不整脈とみられるという。 高橋さんが働く手術室はもともと26人態勢だが、昨年3月末には18人になった。新人が補充されたが人員不足の状態は続き、高橋さんは4月から5月にかけ、25時間拘束の宿直勤務を8回こなしたほか、土日に働くこともあり、残業は月約100時間だった。 【関連ニュース】 ・ トイレのぞき書類送検=労基署係長、庁内で-大阪 労基署が警察に是正指導=嘱託職員の契約打ち切りで-滋賀 国控訴せず、運転手の労災確定=救助中の巻き添え死-名古屋地裁 救助中の巻き添え死は労災=不支給処分取り消し-名古屋地裁 石綿被害者に解決金=三菱系メーカー、1億2千万円-新法対象外の被害者にも

24歳看護師の過労死認定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081017-00000086-jij-soci


今日のラッキーキーワードは、「小川清乃」です。
スポンサーサイト
SEO対策:副業 SEO対策:ネット SEO対策:アフィリエイト SEO対策:無料 SEO対策:収入
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。