スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権利収入?

現実の社会構造の中での「普通一般人」の収入形態は ・・・

●サラリーマンの方は時間に束縛されながら、
 働いた時間に対してのお給料を頂いております。

●パート・フリーターの方も同じく、会社から
 与えられた仕事の成果に対してお給料を頂いております。

●個人自営業者などは自分が頑張った売上に応じて
 収入が発生します。

しかしその収入は、その時限り、その場限りの収入ですよね。
これを「労働収入」といいます。
この労働収入は働いている時しかいただけません。

もし、こんな事があったら・・・

①自分が万が一倒れたら、明日からの家族の生活は?

②会社が倒産したら家族の生活は?

③入院したら「生命保険で入院費は大丈夫としても」
 家族の生活資金はどうする?

仕事をやり続けなければ収入が無くなるのは、当たり前、ですよね。

☆何事もやりつづけなければ収入が途絶えるのは当然です!

☆働けなくなったら収入はゼロになります!

定年退職して年金で十分生活できる人は問題はありませんが、

しかし、現在40歳~43歳の方は年金をいただける
可能性は非常に低いのです。

国が膨大な赤字をかかえているからです。
それも限りなく増え続けております。  

 ご存知ない方は是非ご覧下さい!
    ↓  ↓
    借金時計

<<あなたには、どんな対策がありますか?>>

在宅・副業で出来るお仕事TOPに戻る
スポンサーサイト

テーマ : SOHO・在宅ワーク - ジャンル : 就職・お仕事

SEO対策:副業 SEO対策:ネット SEO対策:アフィリエイト SEO対策:無料 SEO対策:収入
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。